... ...

30歳でも遅い資産設計!30-40代は貯蓄ゼロが23%:老後資金30年計画

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

SMBCコンシューマーファイナンスが面白い発表をしています。
30代・40代の『貯蓄ゼロが23%』というちょっとインパクトのある内容です。

『老後資金2,000万円を貯めるのは簡単』です。

20歳の時からお給料の半分を老後のために、運用・貯金すればよいのです。
でも、そんな人は居ませんよね・・・
もう40代、50代、60代になってしまった皆さんは取り返しがつかないのか?

身の丈に合った生活で明るい老後!

多くの人は『身の丈に合わない生活』をしています。
そうなんです『身の丈に合った生活』と『それに応じた老後資金2,000万円つくり』をすればよいのです。

新卒入社の日立で海外営業、ニューヨーク、シンガポール、香港で海外駐在。帰国後、シスコ、SAPなど複数の外資系企業でマネジメント、カントリーマネージャにも就任。現在『バンコクで修業中。』です。

30代・40代の『貯蓄ゼロが23%』

2019年3月に、SMBCコンシューマーファイナンスが『30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019』をしています。調査の結果、30代・40代の『貯蓄ゼロが23%』というちょっとインパクトのある内容です

リタイアまでに5,500万円必要!

一方、『リタイアまでに貯蓄がいくらあれば安心?』と言う質問に『40代では平均5,473万円』との回答を得ています。

どうやって、そんな短期間で『5,000万円が貯められるの?』『本当に5,000万円で足りるの?』との疑問もわきました…
このリサーチのテーマが、『30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019』と言う事なので、一言で言えば、『甘い』との結論です。

30代なら間に合います!

50代の人は厳しいですが、30代ならまだまだ間に合います。

50代のこんな人は狙われる+投資はやめとけ!(02)老後資金2000万円
老後の生活設計に不安を抱える50代が狙われていると... 50代・こんな人は投資とかやめとけ!のポイント::: (1)50代は退職後の不安で投資に興味を持ちがち (2)投資経験ないので「絶対儲かる」にだまされる (3)50代でお金を増やすのは遅いので、20代~40代から「老後を意識した生活設計」

75歳年金開始?

更に、年金開始の年齢が先になるので、時間は稼げます(笑)

75歳年金開始:70歳雇用延長!人生100年時代構想の政府の怖い罠(04)老後資金2000万円
念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。2018年11月に、政府の「人生100年時代構想会議」の記事を書いていますが、とても反響がありました。1960年代生まれの管理人世代の人間には、『ようやく

死ぬまでいくら必要なの?

しかし、死ぬまでにいくらの生活費が必要になるかを理解しておかないと、人生設計もできませんよ!

◆40代50代60代の老後生活費はいくら必要?(07)老後資金2000万円
最終更新日:2019-03-09アーリーリタイアし、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。40代50代60代の老後生活費はいくら必要?(07)老後資金2019はっきり言って、死ぬまでの生活コストなんて判りませんよね。そもそも
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ:3つのポイント

まとめると、

  1. 自身の生活スタイルの確立
  2. そのスタイルを実践必要なコスト・費用を知る
  3. 死ぬまでにかかる費用を推定し、必要貯蓄額を知る

リサーチの詳細とその関連記事は以下をご覧ください!

30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019

  SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(代表取締役社長:幸野 良治、http://www.smbc-cf.com)は、2019年1月7日~9日の3日間、30歳~49歳の男女を対象に「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。

30代・40代の消費スタイル

“買える範囲で良いものを選びたいけど20代ほど頑張らない”

  • 身の丈消費を志向する30代・40代は20代と同水準も、調べ尽くし消費を実践する人は20代より低い傾向
  • 働き方改革の影響? 30代・40代ビジネスマンの半数以上は、退社後寄り道をする“フラリーマン”
  1. フラリーマンの寄り道出費 平均額は1.1万円/月
  2. 夫はプレッシャー 夫の転職で妻が期待する年収アップ額は平均69万円

30代・40代のお小遣い・貯蓄事情

全国の30歳~49歳の男女1,000名(全回答者)に対し、毎月自由に使えるお金はいくらあるか聞いたところ、全体の平均額は30,532円となりました。家族構成別にみると、未婚者は38,674円、子どものいない既婚者は28,565円、子どものいる既婚者は22,096円となりました。

昨年(2018年)の調査(※1)と比較すると、平均額は2018年30,272円→2019年30,532円と、微増しました。お小遣い事情は、緩やかな改善がみられました。

30代・40代のお小遣い額

  • 平均は3.1万円/月、昨年から微増
  • 貯蓄から消費へ?

30代・40代の貯蓄額

「貯蓄ゼロ」は昨年比6ポイント上昇、平均額は52万円減少

リタイアまでに貯蓄がいくらあれば安心?

40代では平均5,473万円、20代より1,447万円高い結果に
フリマアプリは個人の“プチ収入源”に 30代出品経験者の年間売上高は平均43,931円で20代や40代を上回る

30代・40代の「貯蓄ゼロ」は昨年比6ポイント上昇、平均額は52万円減少!ここだね、こまっちゃうポイントは。

確かに、30代・40代は結婚・出産・教育費用と出費も嵩むけど、収入も増える一方の最高の時代だと思うんだけど。

そういえば、おれも江戸っ子だから『宵越しの金は持たねえ』主義だけどなw

旅人くんは、東京人じゃないだろ!!!

バン●クの人々と同じようにラテン系だからだろw

老後資金30年計画:30年あれば1億円貯めて余裕!

30年計画
「30年計画」の記事一覧です。