... ...

海外駐在と現地採用の待遇は天国と地獄!経済的・社会的保障は雲泥の差!

この記事は約4分で読めます。

海外駐在する人間は、現地採用の待遇や帰国後の進路などは理解がないと思います。
海外駐在を経験し、現地採用され、現地での日本人採用も経験した管理人が伝えます。
『海外転職する、現地採用されるのは簡単』です。
日本である程度の実績を上げて、ある程度の英語ができて、自分に少し自信があって、など入社するのはそれほど難しくはないです。
でも、そこは海外です。
海外には外国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。

記事を書いている管理人のプロフィール

新卒から13年間、日立で海外営業に従事。
私は、新卒で日立製作所の子会社に就職し、日立の海外事業部で金融機関向けのトレーディングシステムの輸出営業に携わりました。
その後、業務の一環として、ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在し、海外でのマネジメント経験を積んできました。

海外駐在帰国直後に外資系転職し15年間勤務。
海外駐在からの帰国の直後に米国のネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(株)に転職し、以降、ドイツのERP最大手SAPジャパン、米国のBI最大手のSAS Institute Japan Ltd.等に勤務し、以降は営業部門のマネージャ、統括部長、そして、日本支社の代表も歴任しました。

最後は海外転職し、タイでも採用を経験。
海外で仕事する夢は途切れず、2017年からタイ王国バンコクの日系企業に日系ITセールスマネージャーとして海外転職し、アカウント・マネージャの採用業務も経験しました。

Linkedin公開プロフィール:

海外駐在と現地採用の違い

  1. 経済的、社会保障の違い
  2. 帰国後の待遇、転職への有利さの違い
  3. 中途採用者を海外駐在に出す企業は稀

ポイントは3つです。詳細をご覧になりたい方は、以下をご覧ください!

海外駐在・赴任とは?

まずは、こちらの記事を参照し続きをご覧ください!

海外駐在でのマネジメント経験は転職に有利!グローバル人材の需要は高い!
海外駐在・赴任の経験は転職に有利か? (1)海外駐在経験は転職に間違いなく有利 (2)海外駐在と現地採用では、待遇・評価は雲泥の差 (3)帰国後は、海外駐在の経験を前面に転職を有利に運ぼう

海外駐在と現地採用のちがい:アウトライン

7つの視点からの違い

  1. 着任前の研修、医療サポート
  2. 着任時の日本側経済的、公的機関申請サポート
  3. 着任時の現地側経済的、公的機関申請サポート
  4. 着任中の日本側での経済的、社会保障サポート
  5. 着任中の現地側での経済的、社会保障サポート
  6. 帰任時の経済的、公的機関申請サポート
  7. 帰国後

1. 着任前の研修、医療サポート

海外駐在現地採用
赴任前研修語学研修、赴任地概要、駐在者の心構え自己負担
赴任前検診健康診断、予防接種自己負担

2. 着任時の日本側経済的、公的機関申請サポート

海外駐在現地採用
日本側公的機関(役所)手続き税金、年金、国民健康保険など企業が支援自己責任
国際引っ越し費用全額会社負担自己負担
海外赴任手当・渡航費用全額会社負担自己負担

3. 着任時の現地側経済的、公的機関申請サポート

海外駐在現地採用
【重要】VISA/

Work Permit

申請・費用全て会社責任VISA/WP:入社前の交渉次第。

採用企業のサポート無しでは不可。

住居探し会社の支援自己責任
公的機関への申請在留届、等、全額会社負担自己責任

4. 着任中の日本側での経済的、社会保障サポート

海外駐在現地採用
年金保険料・任意継続会社負担自己負担
初年度の税金全額会社負担自己負担
貸倉庫代(家具の保管)全額会社負担自己負担

5. 着任中の現地側での経済的、社会保障サポート

海外駐在現地採用
住居費駐在員向け高級住宅費用、全額会社負担自己負担
医療保険日本語対応可能な高額な医療費、
毎年の健康診断、全額会社負担
自己負担
VISAの90日レポート代行申請、全額会社負担Case by Case+自己責任

給与水準に関しては、多くのレポートが有るので今回は割愛します。

6. 帰任時の経済的、公的機関申請サポート

海外駐在現地採用
タイ公的機関(役所)手続き企業が支援自己責任
国際引っ越し費用全額会社負担自己負担
海外帰任手当・渡航費用全額会社負担自己負担

7. 帰国後

海外駐在・赴任者は、「赴任前ポジション、若しくはそれ以上」を約束されるケースが一般的です。

更には、転職にも有利とされていると、以下の記事では報告しています。

海外駐在でのマネジメント経験は転職に有利!グローバル人材の需要は高い!
海外駐在・赴任の経験は転職に有利か? (1)海外駐在経験は転職に間違いなく有利 (2)海外駐在と現地採用では、待遇・評価は雲泥の差 (3)帰国後は、海外駐在の経験を前面に転職を有利に運ぼう

管理人の個人的まとめ

海外駐在と現地採用を経験した身としては、当然、海外駐在をおすすめする
しかし、中途採用者を海外駐在に出す企業はまれである。その現実を知っているので、バンコクに移住したかった管理人は現地採用の道を選びました。