転職エージェント(16):リクナビNEXT【転職支援実績業界No.1】

この記事は約2分で読めます。
FIREしたいなら…にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

最終更新日:2019-05-10

リクナビNEXTの特徴

概要

リクルートの転職、中途採用、求人情報サイト。豊富な新着求人、スカウト、ITエンジニア専用の転職サイトもある。

リクルートエージェントは、エージェントの伴奏が伴いますが、リクナビNEXTは自分自身の空いた時間でWEBサイトでお仕事を探して、募集期間中ならいつでも応募が可能です。

得意な業界・職種

  • IT業界、製造業、医薬・製薬業界、その他全業界
  • 営業、エンジニア、管理部門等全般

対応エリア

  • 日本:全国
  • 海外:企業によっては海外駐在案件もあり

リクナビNEXTの強み

  • 日本最大級の転職サイト日本最大級の求職者登録
  • 日本最大級の求職者登録に企業からのアプローチ

 公式サイトを見てみる

リクナビNEXTの他の転職サイトよりも優れた点

業界最大手のグループ企業:リクナビNEXTを運営するリクルートキャリアは、新卒採用の「リクナビ」や人材紹介の「リクルートエージェント」、就職情報サイト「就職ジャーナル」といった人材関係のサービスを提供している業界最大手。

提携エージェントからのスカウト:転職者がプロファイルを登録しておくと、2018年7月現在、リクナビNEXTと提携している430社を超えるエージェントからのオファーが届きます。

転職者の8割が利用:世の中の多くの転職者の8割が利用する安心感。登録の際の安心感やエージェントとの交渉などが無く企業とのリレーション構築ができるハードルの低さなど多くの利用者に認められている。

まとめ

業界最大手の支援実績、豊富な案件から幅広く選択したいあなたにおすすめ

自身のペースで案件探し、応募をしたいあなたにおすすめ

必要に応じて実績豊富なコンサルタントにお任せしたいあなたにおすすめ

公式サイトを見てみる


海外駐在・海外就職・現地採用

◆海外就職のすすめ◆日本は外国人が働きたくない国ランキング首位!
海外から駐在する外国人にとって、日本は一番働きたくない国とランキング。 イギリスの金融大手HSBC(香港上海銀行)が、海外駐在員の実態調査を発表。 日本は、収入やワークライフバランスなどで最下位。いっそ、海外で働きますか!
◆海外就職のすすめ◆海外就職基本情報:いっそ海外で働きますか?
近年、グローバル化の進展に伴い、海外での就職・転職・現地採用が、選択肢の一つに。 海外はワークライフバランスが充実し、グローバルな経験が積めて市場価値の向上も。 新型コロナの影響もあり駐在員ではなく、現地採用に裁量を持たせる企業が増加中。
◆若者はベトナムを目指せ◆米中戦争の漁夫の利でベトナムに雪崩込むマネー!
面白い記事を見つけました。『米中戦争で漁夫の利、経済沸騰のベトナム』だと。 世界の工場、中国から外資企業が逃げ出しているのを如実に表した言葉である。 若者はベトナムを目指せ!米中戦争の漁夫の利でベトナムに雪崩込むマネー!
◆海外駐在でのマネジメント経験は転職に有利◆グローバル人材の需要は高い!
海外駐在してしまうと『外の世界が良く見えてしまう』! そして、あなたは『この業界、この会社で良いのか』と自問自答… 海外駐在直後に、グローバル体験、海外でのマネジメント経験を評価され、外資系企業に転職した管理人の経験をお伝えします。
◆海外駐在と現地採用の待遇は天国と地獄なの?◆海外就職のすすめ
海外で日本人が日系企業で働く場合、大きく分けて海外駐在、もしくは現地採用。 多くの日系企業は中途採用者を短期間で海外駐在させるのは稀で、現地採用を多用。 両者の間には大きな待遇の違いが存在し、それを理解してこそ良好な関係の保持が可能…

コメント