... ...

外資系企業で働く3つのメリット!給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実!

この記事は約4分で読めます。

外資系で採用してわかった

すべての物事には表と裏があります。
外資系は給料が高くて、評価が明確でワークライフバランスが充実している。一方…

外資系企業に転職するのは簡単』です。
各企業である程度の実績を上げて、ある程度の英語ができて、自分に少し自信があって、など入社するのはそれほど難しくはないです。

でも、そこは外資系企業です。
外資系には外国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。
相手の求めることを理解して実践するかどうかで、結果は大きく違ってきます。

記事を書いている管理人のプロフィール

新卒から13年間、日立で海外営業に従事。
私は、新卒で日立製作所の子会社に就職し、日立の海外事業部で金融機関向けのトレーディングシステムの輸出営業に携わりました。
その後、業務の一環として、ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在し、海外でのマネジメント経験を積んできました。

海外駐在帰国直後に外資系転職し15年間勤務。
海外駐在からの帰国の直後に米国のネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(株)に転職し、以降、ドイツのERP最大手SAPジャパン、米国のBI最大手のSAS Institute Japan Ltd.等に勤務し、以降は営業部門のマネージャ、統括部長、そして、日本支社の代表も歴任しました。

最後は海外転職し、タイでも採用を経験。
海外で仕事する夢は途切れず、2017年からタイ王国バンコクの日系企業に日系ITセールスマネージャーとして海外転職し、アカウント・マネージャの採用業務も経験しました。

Linkedin公開プロフィール:

まとめ:外資系企業で働く3つのメリット

  • 給料が高い・結果を出せば昇給早い
  • 実力主義・評価が明確
  • ワークライフバランス充実

ポイントは3つです。詳細は、以下をご覧ください。

外資系転職を目指す皆さんの思い

  • 外資系転職で給料を上げたい
  • 日系企業の不可解な表かシステムに飽き飽きしてる
  • 外資系転職でワークライフバランス実現したい

皆さんは、このような動機で外資系転職を検討していると思います。
皆さんの思いにこたえます。

【その①】給料が高い・結果を出せば昇給早い

日系企業は給料安いが、福利厚生充実!
日系企業は、福利厚生が充実していますが、給与は抑え目です。終身雇用制の旧大全なシステムの下、手厚い福利厚生で社員を飼い慣らし、辞められなくするのです。

先日の記事「日系大企業に勤める3つのメリット」に詳しく書いています。

外資系で採用してわかった(09):日系大企業に勤める3つのメリット
外資系転職を希望するみなさん 外資系の方が給料が良いから 外資系の方が評価が明確だから 外資系の方がかっこいいから とお考えの方に向けて書いています。 外資系6社の経験者が叫ぶ「日系大企業のメリット」 私...
外資系企業では、福利厚生は給与で渡すという考え方!
外資系企業は、日系企業の様にコストをかけて従業員用の施設を準備したりはしません。
それに掛かるコストは負債になるので、そのコストを給与として渡すのです。
たとえば、社宅や借り上げ社宅なども、これに当たります。従業員は会社の寮や指定の住居ではなく、自身の好みの場所やスタイルで暮らす選択ができます。

管理人の場合は、年間120万円程度の『借り上げ社宅』の手当てがありましたが、これは自身の資産にはなりません。
管理人は、外資系でこの金額が給与としてもらえるのであれば、マンションを購入してこの費用を購入に充てれば、自身の資産になると考えたのです。

【その②】実力主義・評価が明確

外資系は結果がすべて!

外資系は、入社した日から明確な目標設定を行い、目標を達成する為のプロセスを明確にし、やる事・時間を明確にして、ゴールを目指して突っ走ります。

外資系は、結果が全てですので、予算を達成すれば短期間で昇給・昇格が可能です。その逆方向が有るのは言わずもがなです。

評価システムが明確!

評価制度も目標設定から評価もシステムでオープンにされ、直属の上司だけではなく他部門のマネージャーもプロセスに入るので、感情で左右される事は少ない仕組みです。

男女平等な環境ですので、女性の進出は他の日系企業よりも抜きんでていると言えます。

管理人は、万人受けするタイプではなかったので『日本式の評価』には合わないと感じていました。
その点で外資系は、入社時点で『定量的なゴール設定』+『数値化された評価』に満足していました。

マネジメントとしても、年初にメンバーと交渉の上『ゴール設定』『プロセス設定』をするので、評価するときも容易です。
評価の際には、何度かの面談を通じて、双方合意を必要とします。

【その③】ワークライフバランス充実

カジュアルなワークスタイル!
欧米流のワークライフバランスが浸透していますので、ワークスタイルも欧米的な会社が多いです。早くから、服装も自由か「ビジネス・カジュアル」「カジュアル・フライデー」、更には「高級ホテルでの家族も含めてのクリスマスパーティー」など導入されていました。

シスコに勤務していた時には、都内の高級ホテルで家族同伴でクリスマスパーティーも有りました。
SAS社の時には、家族同伴ではありませんが同様にホテルでパーティーは普通でした。

プライベート優先!
通常業務では、役割分担が明確なので、プライベート優先も可能です。
自身の守備範囲の仕事が終われば、同僚が残っていても『つきあって残業』などは気にしなくて良いのです。ましてや、飲み会、接待、ゴルフなども強制される事も有りません。

長期連休取得も可能!

上で上げたように、役割分担が明確なため、休みの計画も自分で決められます。

管理人は『年休消化王』と呼ばれていました。年間20日の年休をフルで、毎年、取得していました。
また、メンバーに『ワールドカップ大好き』奥様がいて、W杯の度に一か月ほど休んでいました。旦那さんも同じ会社で一緒に行ってました。

まとめ:外資系は、こんなひとに合ってる!

  • 働きに見合った待遇(給料・役職)を求める人に最適
  • ワークライフバランスを充実させたい人におすすめ
  • 人間関係に煩わされるのを好まない人にも適している

私は、外資系企業に転職して幸せでした!