... ...

◆外資系転職に英語は必要か?◆必須ではないが出世はできない!

この記事は約5分で読めます。

外資系企業に入社するためには英語は必要か?
長らく議論される話題です。入社するためには、必須ではありません。
しかし『英語出来ないと外資系企業で出世はできません!』

外資系企業に転職するのは簡単』です。
各企業である程度の実績を上げて、ある程度の英語ができて、自分に少し自信があって、など入社するのはそれほど難しくはないです。

でも、そこは外資系企業です。
外資系には外国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。
相手の求めることを理解して実践するかどうかで、結果は大きく違ってきます。

管理人のプロフィール 〜読み飛ばしてもオッケーです〜

新卒から13年間、日立で海外営業に従事。

私は、新卒で日立製作所の子会社に就職し、日立の海外事業部で金融機関向けのトレーディングシステムの輸出営業に携わりました。
その後、業務の一環として、ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在し、海外でのマネジメント経験を積んできました。

海外駐在帰国直後に外資系転職し15年間勤務。

海外駐在からの帰国の直後に米国のネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(株)に転職し、以降、ドイツのERP最大手SAPジャパン、米国のBI最大手のSAS Institute Japan Ltd.等に勤務し、以降は営業部門のマネージャ、統括部長、そして、日本支社の代表も歴任しました。

最後は海外転職し、タイでも採用を経験。

海外で仕事する夢は途切れず、2017年からタイ王国バンコクの日系企業に日系ITセールスマネージャーとして海外転職し、アカウント・マネージャの採用業務も経験しました。

Linkedin公開プロフィール:

想定する読者

  • 想定する読者:転職・キャリアアップの機会を探っている人、外資系転職を考えている人、外資系転職に迷っている人
  • 想定する読者年代:20代、30代、40代

外資系は英語出来ないとダメなの?

外資系企業を目指す皆様の思い

  • 「英語話せないけど外資系に行きたい・・・」
  • 「英語話せないと入ってから苦労する、出世できない・・・」
  • 「得意の英語でがんがん海外に出ていきたい・・・
  • 「本社と英語でガンガンやって、本社に採用してもらいたい・・・」

「外資系企業の究極の目的はなんでしょうか?」

「日本での製品の販売、サービスの提供」ですよね。

お客様のほとんどが日本人です。
日本人の多くは、日本語が母国語で日本語での提案、説明、契約書、サポートを「日本語で受けたい」のです。
英語に日本語の翻訳を付けた資料なんて見たくないんです(笑)

そうなんです! 賢い人なら、もう、お分かりですね…
日本人のお客様を説得できるのは、日本語での説得です

外資系企業ではあなたの的確な日本語こそが最大の武器』なのです。

外資系の採用マネージャは、権限も広いが責任も大きい

SAPジャパン、SAS等で部下の採用・評価をしてきました。

  • 実際に、自身で『募集要項』を作成し、人事部門に採用を依頼し、面接をして採用します。
  • 採用後は、導入教育、育成、年次評価をします。

役職の視点からの英語の要/不要

 カントリーマネージャー~ダイレクター

この立場になると、Yearly/Monthly/Weeklyで本社にReportを求められと思います。

英語でのAnalysis+Report力、説明するためのPresentation+説得力が求められます。
数字を達成出来ていれば問題ありませんが、出来ていないと、「いつまでに」「誰が」「なにを」「どうする」「どうやって」を詰められますのでRecovery力も。
答えられなければ『退場』ですので英語力必須です

マネージャー(人事採用権を持つ)

この立場は微妙です。会社や業務内容によると思います。

私の経験をお話しします。

ケース A:某『外資系トレーニング会社』は、日本語でWeeklyレポートを日本語で会議
営業部隊のマネージャーをしていた時には、営業レポートを日本語で作っていれば問題ありませんでした。海外へのレポートはありませんでした。
ケース B:某「ドイツ系ERP会社S社」は、英語でWeeklyレポートを日本語で会議
毎週毎週、数字を詰められます。出来なきゃ、Recovery Planを別に作ります。仕事どころじゃありません・・・英語の前に数字を作るのに死にました…
ケース C:某「アメリカ系BI会社S社」は、日本語でMonthlyレポートを日本語で会議
但し、Forecastが厳しかったです。一月が年初ですが、二月のレポートで「もう、リカバリー・プラン」の提出を求められました。なんたって、ビジネス・インテリジェンスを標榜しているんだから、Forecastの精度が大事です・・・
ケース D:米国系認定資格試験会社は、英語でWeeklyレポート+英語で会議
上司がサンフランシスコに居るアメリカ人でしたので、メール、電話、書類、すべて英語です。更には、二週間に一度は、アジアパシフィック会議があり、米国+オーストラリア+中国+インドを結び、電話会議でした。

レポートの頻度は『本国(本社)』への報告の頻度によります。

担当クラス

担当クラスは、ケース・バイ・ケースです。

職種の観点からの英語の要/不要

営業部隊

上記『外資系は英語出来ないとダメなの?』で伝えたが、お客のほとんどが日本人なので英文の提案書もプレゼンテーションも不要です。外資系企業担当の場合は異なる。
なお、最新資料の参照に、本社の英語資料を読めないと困る場合がある。

技術サポート部隊

「技術サポート」と名が付くからには、最新の製品仕様、カスタマイズ状況、サポート状況を本国(ドイツやアメリカ)から送られてくるものを自力で読解しなければなりません。皆さんが目にしている日本語のマニュアルや資料は、彼らの血と汗の努力の結晶です、大事に扱ってください。

バックオフィス部隊

これもレポート先による。社内向けの資料であれば日本語で問題ないが、本社への報告資料となれば、英文資料で作成が求められる。

【ご参考】実例で見る外資系ソフトウェア企業の求人

参考まで、現在、日本で営業している「SAS Institute Japan株式会社」の求人を見てみましょう。 あくまでも参考です。この会社をPick-upした理由は想像にお任せします。

SAS Institute Japan株式会社

営業部門とソリューション統括本部(プリセールスコンサル)を見てみましょう。

https://www.sas.com/ja_jp/careers/recruit.html

営業部門:英語力があれば少しプラス

条件の【有ればプラスとなる条件】に「英語力」があります。
つまり、無くても問題ないけど「英語力があれば少しプラス」程度です。

プリセールスコンサルタント:TOEIC800以上

「下記いずれかの知識や経験」のなかに、「要英語力(TOEIC800以上)」と有ります。

まとめ

  • 外資系では、日本語が最大の武器
  • 英語は必須ではない、職種、職責による
  • 出世するには英語必須(マネージャ以上は必須)

  出世したくない人はいませんよね。日々の精進を・・・

外資系転職のお役立てればうれしいです!

英語は必要か?関連記事はこちら!

◆転職するにはTOEICスコアは何点必要なのか?◆英語は必要か?
TOEICを主宰する協会の調査によると企業が中途採用者に求めるスコアは710点。 大手メーカーや商社の採用基準は700点、海外関連部門では800点以上が多い。 海外駐在に求められるスコアは、商社、銀行、メーカーで相違あり。
◆ビジネスレベル以上の英語◆転職に優位に働いた経験が8割以上:実態調査
テレビCMでも有名な人材紹介会社『エン・ジャパン』が『英語力が仕事・転職に及ぼす影響』を調査を実施。英語のレベルが『ビジネス』以上では、仕事に優位は9割以上、転職に優位は8割以上。あなたの英語は仕事や転職に優位に働くか?
◆外資系転職に英語は必要か?◆必須ではないが出世はできない!
外資系企業に入社するためには英語は必要か? 長らく議論される話題です。入社するためには、必須ではありません。 しかし『英語出来ないと外資系企業で出世はできません!』
◆英語は必要か?◆海外駐在・外資系転職・海外転職・現地採用・国内
外資系転職・海外転職に関わらず、英語は必須! 職種や職責によるが、海外の本社や現地の社員とのコミュニケーションに英語が求められるのは必定。 出世するためには、間違いなく必要。 プレゼンテーション能力や交渉力など英語によらず必須のスキルを英語で駆使できるかがキーポイントとなる。

ハイクラス転職に強いエージェント:おすすめ3社

JAC Recruitment:外資系、グローバル、優良企業に強い
ジェイエイシーリクルートメント

・ロンドン発祥の日系転職エージェント
・外資系企業、グローバル企業、優良企業に強い
・経営陣、マネージャー、海外駐在、専門職に強い

ランスタッド:世界最大級の転職エージェント

ランスタッド(randstad)は、1960年オランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社。日本国内では大手人材紹介会社との経営統合により、日本でも業界屈指の規模を誇ります。

・グローバル企業、製造業、医薬・製薬業界、その他全業界に強い
・経営人材から専門職まで広く網羅

ビズリーチ:ハイクラス転職サイト

・ハイクラス人材向け国内最大級の会員制転職サイト
・ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上
・ヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウト
・会員制ならではの非公開求人やポジションも多数

管理人のおすすめ!

いっそ、海外で働きますか!日本は外国人が働きたくない国ランキング首位!
イギリスの金融大手、香港上海銀行(HSBC)が例年実施している海外駐在員の実態調査を発表した。 日本、評判良くないですね、外国人の方に… いっそ、海外で働いてみますか! 日本は外国人が働きたくない国ランキング首位!
◆海外駐在と現地採用の待遇は天国と地獄◆経済的・社会的保障は雲泥の差!
海外駐在する人間は、現地採用の待遇や帰国後の進路などは理解がないと思います。 海外駐在を経験し、現地採用され、現地での日本人採用も経験した管理人が伝えます。 海外駐在と現地採用の待遇は天国と地獄!経済的・社会的保障は雲泥の差!
◆海外駐在でのマネジメント経験は転職に有利◆グローバル人材の需要は高い!
海外駐在してしまうと『外の世界が良く見えてしまう』! そして、あなたは『この業界、この会社で良いのか』と自問自答… 海外駐在直後に、グローバル体験、海外でのマネジメント経験を評価され、外資系企業に転職した管理人の経験をお伝えします。
外資系で生き残るための3つのポイント!重要なのは①結果②上司③自分!
外資系は入ってからが大変なんじゃないのと思う皆さん、生き残るためのポイントを押さえるのが重要です! 外資系で生き残るための3つのポイント!重要なのは①結果②上司③自分!
◆海外就職基本情報◆いっそ、海外で働きますか!情報収集して一歩、踏み出そう!
近年、海外での就職・転職・現地採用が、選択肢の一つになってきた。 日本と比較して、ワークライフバランスが充実して、グローバルな経験が積める海外就職、検討してみる価値あり! 皆さんの思い! 憧...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント