... ...

外資系で生き残るための3つのポイント!重要なのは①結果②上司③自分!

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

外資系は入ってからが大変なんじゃないのと思う皆さん、生き残るためのポイントを押さえるのが重要です!

外資系企業に転職するのは簡単』です。
各企業である程度の実績を上げて、ある程度の英語ができて、自分に少し自信があって、など入社するのはそれほど難しくはないです。

でも、そこは外資系企業です。
外資系には外国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。
相手の求めることを理解して実践するかどうかで、結果は大きく違ってきます。

管理人のプロフィール 〜読み飛ばしてもオッケーです〜

新卒から13年間、日立で海外営業に従事。

私は、新卒で日立製作所の子会社に就職し、日立の海外事業部で金融機関向けのトレーディングシステムの輸出営業に携わりました。
その後、業務の一環として、ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在し、海外でのマネジメント経験を積んできました。

海外駐在帰国直後に外資系転職し15年間勤務。

海外駐在からの帰国の直後に米国のネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(株)に転職し、以降、ドイツのERP最大手SAPジャパン、米国のBI最大手のSAS Institute Japan Ltd.等に勤務し、以降は営業部門のマネージャ、統括部長、そして、日本支社の代表も歴任しました。

最後は海外転職し、タイでも採用を経験。

海外で仕事する夢は途切れず、2017年からタイ王国バンコクの日系企業に日系ITセールスマネージャーとして海外転職し、アカウント・マネージャの採用業務も経験しました。

Linkedin公開プロフィール:

スポンサーリンク
スポンサーリンク

外資系で働くメリット・デメリット、生き残れなきゃ意味がない!

外資系で働く3つのメリット!給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実!
すべての物事には表と裏があります。 外資系はキツイ、たいへんだとか聞きます。一方では、給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実した一面もあります。
【必見】外資系で働く3つのデメリット!職場や仕事や心を失うリスクが高い!
すべての物事には表と裏があります。 外資系転職には良い事が沢山ありますが、当然、デメリットもあります。 外資系で働く3つのデメリット!職場や仕事や心を失うリスクが高い!

外資系で生き残る人間とは?

  • 外資系で生き残る人の特徴は?
  • 外資系で出世する人とは?
  • 外資系にあってる人とは?

といった疑問をお持ちの人向けに書いています。

まとめ:

  1. 外資系では結果がすべて
  2. 外資系では上司がすべて
  3. 外資系では自分がすべて

ポイントは3つです。詳細は、以下をご覧ください。

【その①】外資系では結果がすべて

外資系の評価基準はMBR(Management By Result)

  • 結果がすべて
  • 目標値の達成がすべて
  • 達成した者だけが天国、残りは地獄

外資系の多くは、本社で採用しているMBR(Management By Result)で、明確に数値化して評価する。

MBRとは?

引用先:ウィキペデイア(Wikipedia)

目標による管理(もくひょうによるかんり)とは、組織のマネジメント手法の1つで、個々の担当者に自らの業務目標を設定、申告させ、その進捗や実行を各人が自ら主体的に管理する手法。1950年代に米国のピーター・ドラッカーが提唱したとされる。本人の自主性に任せることで、主体性が発揮されて結果として大きな成果が得られるという人間観/組織観に基づくもの。また、ドラッカーがユダヤ人であり、人種や性格特性ではなく、結果/成果だけを見てほしいという叫びに似た記述を『現代の経営』においてしている。

管理人の直面した・・・

  • 1年目:5年続いた赤字を単年度でV字回復
    • その貢献で、プレジデントクラブに選出
  • 2年目:対前年比売上10%アップ
    • 評価は特になし、当たり前。
  • 3年目:リーマンショックの影響で予算達成できず
    • その翌年リストラ対象に。

ジェットコースターの様に、予算達成か否かに大きく影響される・・・

【その②】外資系では上司がすべて(イエスマンたれ)

外資系は、日系とは違い直属の上司が人事査定権を握っている。直属の上司に嫌われたら、即刻、干されます。上司が「白」と言ったら「黒いものも白」なのである。

部長は直属の執行役員から追い込まれ、その執行役員は社長から追い込まれる、そんな組織である。

上司の重要性は、この記事をご覧ください!

外資系転職は採用マネージャとの相性が全て!面接の前から情報入手せよ!
あなたは採用面接に際し、面接者のバックグラウンド調査をしていますか? 優秀なエージェントがついていれば、アドバイスしてくれると思いますが… 外資系転職は採用マネージャとの相性が全て!面接の前から情報入手せよ!

生き残りたければ、「イエスマンたれ

【その③】外資系では仲間はいない、自分がすべて

外資系では、お互いを支えあおうというような認識はないと思って掛かった方が良い。

援助したくとも、自身の目標達成に精一杯で他人を支えるような余裕はないのである。

上司も同じである、執行役員は社長に、社長は本社に頭が上がらないのである。

 

自分がすべて。

同僚からの支援を期待せず執務を執行できる人間が生き残れる

『外資系で採用してわかった』おすすめ記事はこちら!

外資系で生き残るための3つのポイント!重要なのは①結果②上司③自分!
外資系は入ってからが大変なんじゃないのと思う皆さん、生き残るためのポイントを押さえるのが重要です! 外資系で働くメリット・デメリット、生き残れなきゃ意味がない! 外資系で生き残る人間とは? 外資系で生き...
外資系の中途採用が発生する仕組みと時期を理解せよ!新卒採用はあるのか?
外資系企業の求人はいつもたくさんあるように思われますが・・・ 少数精鋭の外資で中途採用が発生するパターンは3つ 新規ビジネス立上とビジネス拡大の増員:景気に左右される 欠員のリプレイス案件:景気が良くても悪くても発生
【必見】外資系で働く3つのデメリット!職場や仕事や心を失うリスクが高い!
すべての物事には表と裏があります。 外資系転職には良い事が沢山ありますが、当然、デメリットもあります。 外資系で働く3つのデメリット!職場や仕事や心を失うリスクが高い!
外資系で働く3つのメリット!給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実!
すべての物事には表と裏があります。 外資系はキツイ、たいへんだとか聞きます。一方では、給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実した一面もあります。
【Q】外資系転職・入社に英語は必要か?出世できないか?【A】出世できない!
外資系転職・入社に英語は必要か?出世できないか? 外資系企業に英語は必要か?長らく議論される話題ですが、はっきり言いましょう『英語出来ないと出世はできない!』です。