... ...

外資系で採用してわかった(10):生き残るための3つの考え方

この記事は約2分で読めます。

外資系で採用してわかった

外資系企業に転職するのは簡単』です。
各企業である程度の実績を上げて、ある程度の英語ができて、自分に少し自信があって、など入社するのはそれほど難しくはないです。

でも、そこは外資系企業です。
外資系には外国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。
相手の求めることを理解して実践するかどうかで、結果は大きく違ってきます。

記事を書いている管理人のプロフィール

新卒から13年間、日立で海外営業に従事。
私は、新卒で日立製作所の子会社に就職し、日立の海外事業部で金融機関向けのトレーディングシステムの輸出営業に携わりました。
その後、業務の一環として、ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在し、海外でのマネジメント経験を積んできました。

海外駐在帰国直後に外資系転職し15年間勤務。
海外駐在からの帰国の直後に米国のネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(株)に転職し、以降、ドイツのERP最大手SAPジャパン、米国のBI最大手のSAS Institute Japan Ltd.等に勤務し、以降は営業部門のマネージャ、統括部長、そして、日本支社の代表も歴任しました。

最後は海外転職し、タイでも採用を経験。
海外で仕事する夢は途切れず、2017年からタイ王国バンコクの日系企業に日系ITセールスマネージャーとして海外転職し、アカウント・マネージャの採用業務も経験しました。

Linkedin公開プロフィール:

外資系で生き残る人間とは?

  • 外資系で生き残る人の特徴は
  • 外資系で出世する人とは?
  • 外資系にあってる人とは?

といった疑問をお持ちの人向けに書いています。

私は大手総合電機メーカーに新卒で入社し、海外営業としてニューヨーク、シンガポール、香港に駐在を経験し、帰国後、自身の将来・キャリアに不安を感じ、長い自問自答の末「天職」を求めて外資系企業へ転職しました。

私は、日系企業の中では異色な存在だったと思います。思った事は全て口にして、上司にも疎まれる存在だったと思います。そんな私がハマってしまったのはご想像の通りです・・・

【その①】外資系では結果がすべて

外資系の評価基準はMBR(Managemnet By Result)

結果がすべて。目標値の達成がすべて。達成した者だけが天国、残りは地獄。

私の某米国系BIソフトウェア会社S社での経験

入社年度は、5年続いた赤字を単年度でV字回復。その貢献で、プレジデントクラブに選出。翌年は対前年比10%アップでも特に褒められず。

その翌年、リーマンショックの影響で予算達成できず、その翌年リストラ対象に。ジェットコースターの様に、予算達成か否かに大きく影響される・・・

【その②】外資系では上司がすべて(イエスマンたれ)

外資系は、日系とは違い直属の上司が人事査定権を握っている。直属の上司に嫌われたら、即刻、干されます。上司が「白」と言ったら「黒いものも白」なのである。

私は直属の執行役員から追い込まれ、その執行役員は社長から追い込まれる、そんな組織である。

生き残りたければ、「イエスマンたれ

【その③】外資系では仲間はいない、自分がすべて

外資系では、お互いを支えあおうというような認識はないと思って掛かった方が良い。援助したくとも、自身の目標達成に精一杯で他人を支えるような余裕はないのである。

その様な認識で物事に当たれば、他人に頼ろうとか助けてもらおうなどと考えないようになる。

自分がすべて。

同僚からの支援を期待せず執務を執行できる人間が生き残れる

まとめ

外資系では結果がすべて、結果に責任を求められる

外資系では上司がすべて、実力に関わらず感情に左右される

外資系では自分がすべて、セルフスターター、自己完結型が求められる