... ...

【必見】外資系で働く3つのデメリット!職場や仕事や心を失うリスクが高い!

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

外資系で採用してわかった

すべての物事には表と裏があります。
外資系転職には良い事が沢山ありますが、当然、デメリットもあります。

外資系企業に転職するのは簡単』です。
各企業である程度の実績を上げて、ある程度の英語ができて、自分に少し自信があって、など入社するのはそれほど難しくはないです。

でも、そこは外資系企業です。
外資系には外国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。
相手の求めることを理解して実践するかどうかで、結果は大きく違ってきます。

管理人のプロフィール 〜読み飛ばしてもオッケーです〜

新卒から13年間、日立で海外営業に従事。

私は、新卒で日立製作所の子会社に就職し、日立の海外事業部で金融機関向けのトレーディングシステムの輸出営業に携わりました。
その後、業務の一環として、ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在し、海外でのマネジメント経験を積んできました。

海外駐在帰国直後に外資系転職し15年間勤務。

海外駐在からの帰国の直後に米国のネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(株)に転職し、以降、ドイツのERP最大手SAPジャパン、米国のBI最大手のSAS Institute Japan Ltd.等に勤務し、以降は営業部門のマネージャ、統括部長、そして、日本支社の代表も歴任しました。

最後は海外転職し、タイでも採用を経験。

海外で仕事する夢は途切れず、2017年からタイ王国バンコクの日系企業に日系ITセールスマネージャーとして海外転職し、アカウント・マネージャの採用業務も経験しました。

Linkedin公開プロフィール:

スポンサーリンク
スポンサーリンク

外資系転職に不安を感じる皆さんの思い

  • 外資系で働くのってきつくないかなあ・・・
  • 日本市場の撤退とか縮小とかよく聞くけど・・・
  • 突然の解雇とか、「赤札」とか聞くけど・・・

というような思いを抱く皆さんに向けて書いています。

外資系企業で働く3つのメリット!給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実!

先日、「メリット」をまとめているので参照ください。

外資系で働く3つのメリット!給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実!
すべての物事には表と裏があります。 外資系はキツイ、たいへんだとか聞きます。一方では、給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実した一面もあります。

まとめ:外資系企業で働く3つのデメリット

  • 会社や部門がなくなるリスクが高い!
  • ポジションや仕事を失うリスクが高い!
  • 心を失うリスクが高い!

ポイントは3つです。
詳細は、以下をご覧ください。

【その1】失職リスク高い!〜業績急回復の為、市場撤退/部門整理/リストラの意思決定が速い〜

失職リスク①:従業員のリストラ!

企業に勤務されている皆さんなら十分理解されると思いますが、業績回復の手段の中で一番短期間で効果を表すのは、コスト削減です。
一番手っ取り早いのが、従業員解雇による人件費の削減ですね。

日本の大手電機メーカーや自動車会社でも一般的な話ですので、特には触れませんが、かなり痛みを伴う施策ですが、米国の企業はあっさりとやり遂げ、急速に業績を回復させます。

株主に対しても、明確に人件費の削減を見せられるので、一石二鳥です!

失職リスク②:部門のリストラ!

次が、重複する部門の統合や廃止です。
当然、部門間の異動やメンバーの解雇も伴います。

管理人は、一番最初に勤めた外資系企業のシスコシステムズ(株)のケースがこれです。2000年のITバブルの崩壊に伴い、シスコは全世界でリストラを実施しました。

当時、管理人はアジアパシフィックの『パートナー・ディベロップの部門』に所属していました。この機能が全世界で廃止となり、アジアパシフィックのこの部門に所属していた28名が同時にリストラとなりました。

失職リスク③:市場からの撤退!

最後が、市場からの撤退です。
そうです、日本のマーケットから撤退するので、全員解雇、関係会社への出向、もしくは事業を引き継ぐ会社への移籍が待っています。

管理人が、ニューヨーク、シンガポール、香港での海外駐在を経て、日本に帰国することになったのは、担当していた製品の海外市場からの撤退が原因でした。

これと同じことを日本に来ている外資系企業がやります。
日本のマーケットに魅力がなければ、さっさと店を畳んでしまいます。

【その2】ポジションを失うリスクが高い!〜結果優先だけにスピード出世とは裏腹にスピード降格も〜

外資系企業では、突然の解雇、突然の退職、突然の退社、など珍しくありません。一定期間を於いての退職であろうが、当人は周りに知られたくないので、突然となる!
突然の降格→退職!

管理職が中心ですが『2階級降格』や『突然の部門転換』などは珍しくありません。おおむね、2-3か月後に退職していきます。

管理人の勤務した某ドイツ系ERP会社の所属部門のトップは『突然の降格処分』となり、間をおかず退職していきました。更には、某米国系BI会社の上司の執行役員も、突然退職していきました。

いずれも、管理人を採用してくれた恩人だけに・・・

ただし、後任が見つかるまで生き長らえるケースもありますが、先はありません。

短期で成果ださないとクビ!

『High Risk High Return』の言葉が表すように、物事には表と裏がり、外資系では『給料は良いが、失職リスクも高い』が当てはまる。

外資系企業の中途入社は、即座に結果を出すことを約束される。
短期的に結果を出せなければ、降格、退職の場合がある。

管理人の勤務した、某ドイツ系ERP会社のソフトウェア営業は大変でした。2四半期(半年間)で新規受注がなければ、容赦なく退場を迫られる。

管理人も、某米国系BI会社の退職理由は、その年の部門の売り上げが達成できなかったためだ。過去2年間は、売り上げ・収益ともに前年を上回っていたにもかかわらず…

【ご参考】突然の『ピンク紙』→即、退場!

管理人の元同僚は、某米国系コンピュータ・携帯電話の世界最大手のA社で勤務時、ある日突然、デスクのパソコンのディスプレイに『ピンク紙(赤ではなく、ピンクです)』が…お分かりですね、その時から一切机に触れる事も執務室に戻ることなく、段ボールに私物を収めて出て行きましたとさ。

【その3】心を失うリスクが高い!

はじめての外資系に転職したとき、外資系を渡り歩く友人が『外資で働く奴は、だいたい睡眠導入剤とか飲んだ経験あるよ』と。

そんなもんかなと思っていたが、実際に不眠症でお世話になったことも・・・

ストレスが半端ない!

営業は、ほぼ、毎週月曜にはウィークリー・レポートを求められる。
当然、日曜日は憂鬱である。
ましてや、予算の達成が難しければ、週末もリカバリー・プランを作ることに費やされる。

心も失いますよね・・・

管理職は24時間対応!

特に、本社がアメリカの東海岸にある会社は24時間対応を迫られる。
東海岸は、日本時間の午後11時に開始し早朝の5時に閉まる。その間にテレビ会議を設定されれば、深夜残業や自宅でテレカンは普通だ。その頻度が高くなれば、平日の業務にも支障が出る。

これが毎週続けば・・・

管理人は、アメリカ人のボスが西海岸のサンフランシスコにいた時はラッキーだった。
日本の朝9時であれば、サンフランシスコが前日の17時だった。

しかし、毎週の『グローバル・ミーティング』には世界中の営業が参加するため、アメリカも含めて、ロンドンで開催された。

パジャマでテレカン、眠れず・・・

『外資系で採用してわかった』おすすめ記事はこちら!

外資系で生き残るための3つのポイント!重要なのは①結果②上司③自分!
外資系は入ってからが大変なんじゃないのと思う皆さん、生き残るためのポイントを押さえるのが重要です! 外資系で働くメリット・デメリット、生き残れなきゃ意味がない! 外資系で生き残る人間とは? 外資系で生き...
外資系の中途採用が発生する仕組みと時期を理解せよ!新卒採用はあるのか?
外資系企業の求人はいつもたくさんあるように思われますが・・・ 少数精鋭の外資で中途採用が発生するパターンは3つ 新規ビジネス立上とビジネス拡大の増員:景気に左右される 欠員のリプレイス案件:景気が良くても悪くても発生
【必見】外資系で働く3つのデメリット!職場や仕事や心を失うリスクが高い!
すべての物事には表と裏があります。 外資系転職には良い事が沢山ありますが、当然、デメリットもあります。 外資系で働く3つのデメリット!職場や仕事や心を失うリスクが高い!
外資系で働く3つのメリット!給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実!
すべての物事には表と裏があります。 外資系はキツイ、たいへんだとか聞きます。一方では、給料が高くて評価が明確でワークライフバランス充実した一面もあります。
【Q】外資系転職・入社に英語は必要か?出世できないか?【A】出世できない!
外資系転職・入社に英語は必要か?出世できないか? 外資系企業に英語は必要か?長らく議論される話題ですが、はっきり言いましょう『英語出来ないと出世はできない!』です。