... ...

【告白】私が13年務め海外駐在も行かせてもらった大企業に別れを告げ外資系転職を決めた3つの理由

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

転職を検討するにはそれなりの理由があると思います。
多くは『人間関係』『給料が安い』『業界・企業に将来がない』だと思います。

管理人のプロフィール 〜読み飛ばしてもオッケーです〜

新卒から13年間、日立で海外営業に従事。

私は、新卒で日立製作所の子会社に就職し、日立の海外事業部で金融機関向けのトレーディングシステムの輸出営業に携わりました。
その後、業務の一環として、ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在し、海外でのマネジメント経験を積んできました。

海外駐在帰国直後に外資系転職し15年間勤務。

海外駐在からの帰国の直後に米国のネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(株)に転職し、以降、ドイツのERP最大手SAPジャパン、米国のBI最大手のSAS Institute Japan Ltd.等に勤務し、以降は営業部門のマネージャ、統括部長、そして、日本支社の代表も歴任しました。

最後は海外転職し、タイでも採用を経験。

海外で仕事する夢は途切れず、2017年からタイ王国バンコクの日系企業に日系ITセールスマネージャーとして海外転職し、アカウント・マネージャの採用業務も経験しました。

Linkedin公開プロフィール:

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職したいみなさん

  • 転職したいけどきっかけが見つからない
  • 転職したいけど自信がない
  • 転職したいけどどうしたら良いかわからない

と言った思いを抱く皆さんの参考になればと思います。

13年務めた会社に別れを告げ外資系転職を決めた3つの理由

一生、日立に勤めるとは思っていませんでしたが、想定外に『海外営業』から『海外駐在』を経験して『サラリーマン人生』に希望を持ったものの・・・


一方、せっかく身に着けた『グローバル感覚』『英語でのビジネススキル』『海外でのマネジメント経験』を『高く売る』ことをしない手は無い。

はてさて、こまったぞ・・・

【その①】海外営業13年から国内営業へのネガティブな異動

その知らせは、香港から日本への帰国一か月前に突然告げられました

帰国後の配属先が決まったぞ、2000年問題が片付いたら、即刻帰国してくれ。○○事業部でNTT営業部門の取りまとめやってくれ!

え、国内営業ですか?

しかも、こてこてのNTT営業ですか?

おまえ、なに戯けた事を言ってるんだ。

知っての通り、NTT営業と言えば花形だぞ、不満でもあるのか?

いえ、これまで13年間海外営業に携わった身としては、出来れば海外に携われる仕事の方が実力が発揮できるかと・・・

なんだ、そんな事か。

手続きを進めておくから・・・

実態は、将来性のないビジネスを英国企業に売却するための撤退であった・・・

【その②】日系電機メーカーの将来への不安

これまでもニューヨークへの駐在が決まり、帰国が近づいた頃に、

今度は、シンガポールに飛んでくれ。シンガポールで東南アジア七か国で代理店網を構築するのがお前のミッションだ!

イエッサー!喜んで♪♪♪

日本に帰国する必要が無くなったので、二つ返事で、嬉々としてシンガポールに飛んだ。

前任者は7年半、シンガポールでは長い勤務になると思っていたところに、

今度は、香港に飛んでくれ。帰国するSの後釜として、部門を統括してくれ。香港から香港と台湾の代理店、その他の国のサポートをしてくれ。

はい・・・(香港は楽しそうだけど)

アジアの通貨危機で東南アジアビジネスの縮小がささやかれる中での異動に心躍るモチベーションが無いままに香港に横滑りで異動したのである。

このころからこのこてこての日系企業の将来と自身のこの会社での未来像・キャリアに自信が持てなくなってきた・・・

実態は、売却後にマーケットからの準備のための撤退であった・・・

【その③】外資系企業で腕を試したいとの強い思い

いつかは「外資で活躍」の思いは、ニューヨークで働いていた頃から頭の中では考えていて、ニューヨークで現地の会社に転職できたらうれしいな、など思う事も多かった。ところが、シンガポールでの自身のミッションへの期待に、いやがおうにもモチベーションは高まっていた。

そこに、冷や水を浴びせられるような香港への異動命令に、また、外に出て「自身の腕を試してみたい」との思いが日に日に強まるのを感じていた。

機は熟した!
帰国の一か月前は超多忙のため、何の活動もできず悶々としていた。そんな時、隣のコンピュータ営業部隊のトップと雑談していた時、

いま、ネットワーク業界でイケイケのCiscoって会社が有るけど、管理人、合ってるんじゃないかな?これからはインターネットの時代でこれからネットワークの会社が牛耳ると思うよ。

え、そんな面白そうな会社が有るんですか?

そして、帰国後にそのCiscoと言う会社に転職するのであった…