... ...

失敗しないシニア転職【準備編】上を目指す30代40代50代の心構え!

この記事は約3分で読めます。

『転職35才限界説』などと言われたら、全員『シニア転職』になってしまいます・・・
転職に年齢は関係ありません。ただし、コツと心構えがあります。

外資系企業に転職するのは簡単』です。
各企業である程度の実績を上げて、ある程度の英語ができて、自分に少し自信があって、など入社するのはそれほど難しくはないです。

でも、そこは外資系企業です。
外資系には外国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。
相手の求めることを理解して実践するかどうかで、結果は大きく違ってきます。

管理人のプロフィール 〜読み飛ばしてもオッケーです〜

新卒から13年間、日立で海外営業に従事。

私は、新卒で日立製作所の子会社に就職し、日立の海外事業部で金融機関向けのトレーディングシステムの輸出営業に携わりました。
その後、業務の一環として、ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在し、海外でのマネジメント経験を積んできました。

海外駐在帰国直後に外資系転職し15年間勤務。

海外駐在からの帰国の直後に米国のネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(株)に転職し、以降、ドイツのERP最大手SAPジャパン、米国のBI最大手のSAS Institute Japan Ltd.等に勤務し、以降は営業部門のマネージャ、統括部長、そして、日本支社の代表も歴任しました。

最後は海外転職し、タイでも採用を経験。

海外で仕事する夢は途切れず、2017年からタイ王国バンコクの日系企業に日系ITセールスマネージャーとして海外転職し、アカウント・マネージャの採用業務も経験しました。

Linkedin公開プロフィール:

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シニア転職を目指す皆さん

想定読者層

  • 想定読者:転職でキャリアアップを考えている人、転職を迷っている人、リストラで転職せざるを得ない人
  • 想定年代:30代、40代、50代のシニア層

大きな勘違い

  • 「給料を少し下げればすぐ雇ってもらえるだろう・・・」
  • 「中小企業なら、大企業の経験で給料下げず雇ってくれるだろう・・・」
  • 「発展途上国なら、これまでの経験で雇ってくれるだろう・・・」

style.nikkei.com

あなたの心配・・

  • 「35歳の壁を越えて、40代、50代だけど・・・」
  • 「TOEICもない、資格もない、とがったスキルもないけど・・・」
  • 「管理職・マネージャーの経験もないけど・・・」
  • 「家族、友人、会社にばれないかな・・・」

style.nikkei.com

シニア転職:私の場合

 私の場合は、40歳以降、4回の転職を経験しています。出来ない事はありませんが、私の旬は45歳の時にありました。50歳で急激に墜落しました(笑)

ジョブホッパー…

外国人転職エージェントから「履歴書を見た人は、あなたをジョブ・ホッパーと思うよ」!!!
さすがアメリカ人、痛いとこをつく…

ジョブホッパーで何が悪い?「転職は3回まで」ルールの無意味
半年や1年で転職し、転職回数が数回を超える人を、人事の世界ではジョブホッパーと呼ぶ。中途採用の現場ではジョブホッパーは忌み嫌われるが、本当に彼らを採用すべきではないのか?私は、全く逆の考えを持ち、ジョブホッパーを採用してきた。

第一に理解しなければいけない事

採用する側にはあちらの理由がある

  • 増員にシニア層を希望する事は少ない
  • 不景気に新規部門を立ち上げる事はない
  • これまでの給与体系を壊してまでシニアを迎えない

転職活動とは自分を売り込むセールス活動

  • 自分が動かなければ何もない・待っていては誰も助けてくれない
  • 人事と書いて「ひとごと」と読む:最後に、会社は助けてくれない
  • 会社の看板を外されて、同じ規模のビジネスができますか?

シニア転職活動【準備編】

とにかく棚卸

  • 強み・弱みを30ずつ書き出して振り返る
  • これまでの実績を数値化・可視化
  • 業界横断でも使える汎用スキルを明確化・可視化

採用マネージャが会いたいと思う応募書類作成

  • 棚卸で抽出した強み・スキルを反映した「職務経歴書」
  • 経験に基づ、先方のビジネス貢献を示す「自己PR文」の作成

応募先の確保

  • シニアに強いエージェントの確保
  • エージェントとの良好な関係の構築・醸成

履歴書の書き方、志望動機の答え方、転職の理由、面接のヒントなどの情報も転職エージェント(転職サイト)から積極的に入手しましょう!

一番重要な「心構え」

  • 家族に理解してもらう:立場がなくならないよう共有
  • 転職にネガティブさ(会社・上司・待遇への不満)を持ち込まない
  • 他責の排除:リストラでも「あえて、自分で決めた」感をもつ
  • ウィークポイントを前向きに伝える訓練(特に面接時に重要)

シニア転職活動【実践編】

  • 友人・知人・取引先への支援依頼
  • シニアに強い転職エージェントの確保
  • エージェントとの関係醸成・定期アプローチ ネット
  • 転職サイトは当てにならない。

要点のみお伝えしました。

今後、内容を説明していきたいと思います。

 みなさんのシニア転職にお役にたてれば、うれしいです♪♪♪

応援のお願い:ランキングに参加しています!

1日一回ポチッと❤️ 涙を流して喜びます❤️
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

スポンサーリンク
外資系で採用してわかった
スポンサーリンク
友達に教えてあげよう!
天職なんてない!