... ...

会社のご褒美旅行:旧閑院宮別邸跡地で日本を代表する『箱根 強羅花壇』懐石を頂きました!

この記事は約5分で読めます。

外資系企業に勤務していた時に『ベスト・パフォーマー』のインセンティブで箱根の強羅花壇に家族でご招待。なぜ国内か、とか聞かないで(笑) 自腹では決して訪れる事のない、一人一泊5万円超えの日本を代表する高級旅館。行かないとは言えませんでしたよ(笑)
写真は、この旅行の楽しみの一つ、懐石料理です!

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

わがやの思い出の中でも数少ない国内旅行。
 :
出張だと海外は多いんですが、

今回は、当時勤務していた会社のご褒美旅行。

箱根強羅の旧閑院宮別邸跡地に立地する強羅花壇
日本古来の素材と現代的表現を併せ持つ館、
源泉からこんこんと湧き出る温泉、
精選した旬の食材で彩られる本格懐石料理。
伝統的な「和」の息づく空間で、至極のひとときをお過ごしくださいませ。

『強羅花壇』ホームページの謳い文句に、否が応にも盛り上がる(笑)

存分に楽しませて頂きました!

強羅花壇情報

  • 旅館:箱根 強羅花壇
  • 場所:〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300−103
  • 電話:+81 460-82-3333

強羅花壇宿泊料金:2019年6月

宿泊料金は、2名一部屋利用で一泊一名50,000円からです!!!

一名での利用は、最低70,000円は必要です!!!

お部屋はこちら!

有名な廊下がこちら!

おへやは『梓』よ!鍵も素敵よ!

12畳の居間と6畳の寝室と縁側の2畳のテラス(?)とちょっと広めのお部屋でした。縁側のテラスは、お日様たっぷりで冬でも暖かそうな素敵なスペースです♪

居間と寝室の間の襖を外してしまったので、18畳の広々リビングにしてしまいました。仲居さんの「けいこ」さんも「外すと広々として良いですね」と笑顔でした。

お部屋から見える庭に癒されるわ!

おたのしみの懐石よ!

お献立よ!

「お品書き」が気分を盛り上げ、期待が膨らむ中、仲居の「けいこさん」がほど良いタイミングでお料理を持ってきてくれます。

先付:

読めなかったが、「独活(うど)」がピリッと苦くて爽やか♪
「吸酢ゼリー」が、サラサラ・ツルツルで美味い(^o^)丿

八寸:

お上品な「先附」を頂くと、目にも鮮やかな「八寸」が登場♪
「卯月」なだけに、桜の枝が象徴するような春を意識したお料理でした。一番の感動が「桜麩」♪ 

私は、これまで美味しい「お麩」を頂いた事が無くあまり関心が無かっただけに「目からウロコ」、美味い(^o^)丿

お椀:

凄い「八寸」の後には、これまた秀逸な「お椀」♪
またまた「目で楽しめる」お椀は、非常に滑らかな「うすい仕立」の中に香ばしい「蕨豆腐」が最高!

向付:

肉厚の烏賊と舌切(青柳のことらしい)が抜群でした(^o^)丿
「造り醤油」は、強羅花壇オリジナルで造られたお出汁と醤油のブレンドよん♪

焼き物:

「牛ヒレ葛打焼」は、柔らか牛ヒレを軽く炙って肉汁タップリでした♪

焚合:

かなりお出汁の効いたトロミが抜群で、シンプルな野菜がBest Match♪

ご飯・上腕:

 新筍御飯が優しいの!
そんで、赤味噌仕立てのお椀が最高!

デザート:

「やわらか杏仁豆腐」に乗った「生姜あん」が絶妙(^.^)/~~~

朝風呂浴びたら朝食よ!

縁側テラス:

縁側のテラスは、お日様たっぷりで冬でも暖かそうな素敵なスペースです♪

お風呂:

お風呂は、タオルもグルーミングセットも全て用意してあるので手ぶらでOK!お風呂は「貸しきり状態」でした!
先ずは、サウナで一汗流し、室内の浴槽でRelax。
一頻り暖まった所で、外の露天風呂へ。こちらも貸切なので、熱く無いちょうど良いお湯加減でゆっくりリラックスできて、満足満足!

朝食が来たわよ!

金箔が鮮やかな「桜茶」でスタート♪

 

朝から鍋一杯のおぼろ豆腐♪
でもね、これが美味いんです!!!

お膳は、鯖みりん、おぼろ豆腐、厚焼き玉子、香の物、そして大好きなお味噌汁♪

グレープフルーツと蜂蜜がこんなに合うなんて!

でぃすかばー・じゃぱん!

はっきり言って、午後三時以降のチェック・インに午前10時のチェック・アウトという旧態然の日本の旅館に辟易していた私ですが、今回の「強羅花壇」はそれを見事に覆してくれました!