フェイスブック:8700万人分の個人情報流出への制裁金5400億円!

この記事は約2分で読めます。

現在、暗号通貨『リブラ』で金融業界と喧嘩をしているフェイスブックですが、今度は、米連邦取引委員会から8700万人分の個人情報を流失させた制裁金約50億ドル(約5400億円)の支払いを命じられました。

管理人は、新卒で入社した日立で海外営業に配属され、ニューヨーク、シンガポール、香港で海外駐在しマネジメント経験を積んできました。

帰国直後に、伸び盛りのシスコシステムズに転職し、以降、SAP、SASなど複数の外資系企業で営業、チーム・マネジメント、カントリーマネージャなども経験しています。

海外勤務、海外駐在、外資系転職など経験豊富な管理人が、みなさまの転職に役立つヒントをお伝えします。

フェイスブックに関しては個人情報保護を軽視することが社会問題化していました。

2018年3月には最大8700万人分の個人情報が外部流出していることが発覚。

2019年4月にはユーザーの流出が止まらず、4年ぶりの減益を記録した。この時点では、まだ、制裁金が確定しておらず、株主も疑心暗鬼のままであった。

Source:日経新聞

そして、2019年7月、ついに米連邦取引委員会(FTC)が制裁金を確定した。

フェイスブックに5400億円制裁金 米当局が和解案決議

記事引用先:日経新聞(2019年7月17日)

米フェイスブックで最大8700万人分の個人情報が漏れて不正流用された事件を巡り、米連邦取引委員会(FTC)が12日までに同社に約50億ドル(約5400億円)の制裁金の支払いなどを命じる和解案を決議したことが明らかになった。米司法省の検証を経て正式に決定する。インターネット大手に対するFTCの制裁金としては過去最大になる見通しだ。

当然ながら、5400億円の制裁金の支払いが経営に与えるインパクトは大きい。

『GAFA大好き』記事はこちら!

GAFA大好き
「GAFA大好き」の記事一覧です。

コメント