ベゾスの離婚調停成立でアマゾン筆頭株主/議決権維持・4兆円の株は奥様へ

この記事は約7分で読めます。

最終更新日:2019-04-05

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

2019年4月5日:ベゾス氏、アマゾンの筆頭株主維持 離婚調停成立

米アマゾン・ドット・コムは4日、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の離婚調停が成立し、同氏が引き続き筆頭株主に残ると発表した。ベゾス氏は約16%のアマゾン株を保有しているが、離婚に伴いその半分がマッケンジー夫人に分与されるとの観測があった。調停の結果ジェフ氏は持ち株の4分の1を夫人に譲る一方で議決権は現状を維持、経営の安定を確保する。

ジェフ氏は今年1月、26年連れ添ったマッケンジー氏との離婚を公表。夫妻が暮らす米ワシントン州には離婚後に財産を折半するという法律があることから、アマゾンの筆頭株主であるジェフ氏の株の分与の行方に注目が集まっていた。

アマゾン・ベゾス・奥様の三者共にWin-Win-Winな結果になったね。しかも、アマゾンの株主にとっては『株価暴落か?』と言われていただけに、ほっとしてるだろう。

しかし、今回の離婚で奥様のマッケンジー氏は、

  • 議決権はないが、アマゾンの3位株主
  • 推定356億ドル(3兆9700億円)の資産

を手に入れるんだよね!!!

私なら、一兆円でいいわ!

俺にそんな金無いの知ってるだろw


2019年1月9日に、アマゾンのCEOベゾスがツイッターで離婚を発表しました。

慰謝料は、なんと7兆円!!!

ベゾスの住むワシントン州は、離婚の際の財産は50:50で分配されるらしい。ベゾスの純資産は、14兆円なので、離婚慰謝料は7兆円に!

ここで問題なのは、ベゾスの資産はアマゾンの株に依存しており、7兆円の現金を作るためには、アマゾンの株を現金化しないといけない。そのため、この発表により、アマゾンの株が大量に市場に投入され、大暴落を引き起こすのではとマーケットは大混乱!!!

慰謝料は7兆円? ジェフ・ ベゾス氏離婚 ── ビリオネアが離婚するとどうなるか

そもそも、純資産14兆円って、どういう事???

日本のサラリーマンが生涯で2億円だから、7万人が束になっても???

旅人くん、アマゾンの時価総額って知ってる?

2019年2月19日現在で、7,994億ドルだから、約88.6兆円!!!

  • 外資系転職(29):白熱!時価総額でアマゾンが一次世界首位なるも終値はアップル首位!

ベゾスは大体15-16%の株を保有してるってことだね。

その半分が、元奥様のマッケンジー・ベゾスに移るって事ね・・・

7兆円も貰えるなら、いつ離婚してもいいわ♪♪♪

離婚発表後の株価の動きは?

Forbes:ベゾス「元夫人」、アマゾンの脅威となるのか?

マッケンジー・ベゾスは、常に品位を保ってきた女性だ。そして、アマゾンはジェフが創設した企業であると同時に、彼女が共に作り上げたものでもある。自信に満ち、プロフェショナルらしい態度を維持してきたマッケンジーが今後、これまでと異なる行動を取ることは想像できない。

ロイター:ベゾス氏離婚問題が投資家に波紋 アマゾン株やや不安定な動き

大半のアナリストとファンドマネジャーは楽観的で、離婚がアマゾンのリーダーシップや成長見通しに関する歯車を大きく狂わせることはないと話す。

ただ著名な空売り投資家でヘッジファンドのシーブリーズ・パートナーズを率いるダグ・カス氏は、離婚発表を受けてアマゾン株の売りに動いたと述べた。カス氏は昨年12月終盤にアマゾン株を取得したばかりだった。

ベゾスの離婚でアマゾン株大暴落?前代未聞の上場超優良株経営者離婚破綻の可能性=今市太郎

この夫婦の離婚劇がどの位深刻な状況なのかはまったくわかりませんが、アマゾン株の付与の場合、経営にも相当な影響が加わるリスクがあります。またアマゾンと敵対するような勢力に株式が渡るようなこととなれば、経営に大きなダメージを与えることになるリスクはたしかにありそうです。

元妻がそのあたりに理解を示すならば、それほど大きな問題は起こらないかもしれません。しかし、金融状況やアマゾンの株価状況とお構いなしに持ち株を市中で売り浴びせ始めたりすると状況は一変。冒頭にも書いたように、本当に経営者離婚でアマゾンが傾きかねない事態に陥ることも考えられそうです。

お二人の動向は要チェックよ!

【参考記事】世界で最も裕福な、小売業界の7人のビリオネアたち

アマゾン新本社NYとワシントン近郊で5万人雇用?:アマゾン大好き!

管理人
管理人

ついにアマゾンの第本社、二か所の拠点が決定した。

新本社の決定には、全米各地の100箇所以上の都市が立候補し、しのぎを削っていた。

ついに、11月13日にニューヨークとワシントン近郊に決定された。各拠点で、2万5千人の雇用が見込まれる。

 

アマゾン新本社決定

アマゾン、NYとワシントン近郊に新本社 5万人雇用

米アマゾン・ドット・コムは13日、ニューヨーク市とワシントンDCに近いバージニア州北部に新たに本社を設置すると発表した。2カ所にあわせて50億ドル(約5700億円)を投じ、計5万人の雇用を生む計画。2019年から新本社での採用を始める。いずれも都心からのアクセスが良く、東海岸大都市でアマゾンの存在感が高まりそうだ。

アマゾン第2本社、ニューヨーク市とワシントン近郊に決定

正式決定だ。Amazonは米国時間11月13日、新本社の建設地としてニューヨーク市とワシントン近郊のバージニア州アーリントンを選定したと発表した。各拠点で2万5000人以上を雇用する計画だ。

具体的な建設地はニューヨーク市クイーンズ地区のロングアイランドシティと、バージニア州アーリントン郡のナショナルランディング。

アマゾン本社誘致合戦 全米各地で激化

激化するアマゾン第2本社の誘致合戦(北米100以上の都市、州が名乗り)

米アマゾン・ドットコムが、現在の本社と同等の規模となる第2本社を、北米の都市に建設すると発表したのは今年9月7日。それから、ほぼ1カ月余りが過ぎ、いよいよこの10月19日で、候補地の応募が締め切られる。 アマゾンは、それら応募の中から、それぞれ内容を慎重に検討し、来年、建設地を選定する。そして2019年には、「HQ2」と呼ばれるアマゾン第2本社の営業を開始する予定だ。

米国でアマゾン「第2本社」誘致合戦 5万人就労 自治体、巨額税優遇も

米インターネット通販大手アマゾン・コムは23日、50億ドル(約5600億円)超を投じて建設する「第2本社」の候補地を巡り、北米などの自治体から計238の提案が寄せられたと発表した。第2本社では将来的に5万人が働く見通しで、巨額投資と新たな住民を呼び込んで経済活性化につなげたい自治体の誘致合戦が熱を帯びている。

 

全米が注目するアマゾンの巨大な第2本社、航空路線が誘致の決め手に? 北米の航空サービス規模で候補地ランキングも登場【外電コラム】

いま、米国各地の都市開発担当者が最も注目しているのが、アマゾン第二本社(HQ2)の場所選定だ。複数の自治体が名乗りを挙げ、テクノロジー業界の巨人を我が町へと誘致するべく、魅力的なオファーを提示している。アマゾン誘致に成功すれば、巨大な施設が建設され、雇用増が期待できる。

『アマゾン大好き』の記事はこちら!

https://www.escape2bangkok.com/entry/category/job-change/gaishi-info/amazon-love

海外駐在・海外就職・現地採用

いっそ、海外で働きますか!日本は外国人が働きたくない国ランキング首位!
イギリスの金融大手、香港上海銀行(HSBC)が例年実施している海外駐在員の実態調査を発表した。 日本、評判良くないですね、外国人の方に… いっそ、海外で働いてみますか! 日本は外国人が働きたくない国ランキング首位!
◆海外就職基本情報◆いっそ、海外で働きますか!情報収集して一歩、踏み出そう!
近年、海外での就職・転職・現地採用が、選択肢の一つになってきた。 日本と比較して、ワークライフバランスが充実して、グローバルな経験が積める海外就職、検討してみる価値あり! 皆さんの思い! 憧...
◆若者はベトナムを目指せ◆米中戦争の漁夫の利でベトナムに雪崩込むマネー!
面白い記事を見つけました。『米中戦争で漁夫の利、経済沸騰のベトナム』だと。 世界の工場、中国から外資企業が逃げ出しているのを如実に表した言葉である。 若者はベトナムを目指せ!米中戦争の漁夫の利でベトナムに雪崩込むマネー!
◆海外駐在でのマネジメント経験は転職に有利◆グローバル人材の需要は高い!
海外駐在してしまうと『外の世界が良く見えてしまう』! そして、あなたは『この業界、この会社で良いのか』と自問自答… 海外駐在直後に、グローバル体験、海外でのマネジメント経験を評価され、外資系企業に転職した管理人の経験をお伝えします。
◆海外駐在と現地採用の待遇は天国と地獄◆経済的・社会的保障は雲泥の差!
海外駐在する人間は、現地採用の待遇や帰国後の進路などは理解がないと思います。 海外駐在を経験し、現地採用され、現地での日本人採用も経験した管理人が伝えます。 海外駐在と現地採用の待遇は天国と地獄!経済的・社会的保障は雲泥の差!
ランキングに参加しています。一日一回、クリック頂けると、更新の励みになります!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

GAFA大好き
友達に教えてあげよう!
天職なんてない!

コメント