◆転職回数は何回まで?◆30代と40代で多さは選考基準にならない!

この記事は約3分で読めます。

大手転職エージェントのdodaが、企業の採用担当者に選考に影響する転職回数のアンケートを実施。
30代と40代の転職希望者に対しては「転職回数は選考に影響しない」の回答が最も多くかった。転職回数が多い場合、失敗から学んだ事、他責ではなく自責の原因を説明する。

転職回数9回の管理人にとっては、この質問が一番厳しかったです。
当然、9回も転職していれば、ネガティブな理由も多くなります…

20代、30代であれば、ステップアップしたい、多くの経験を積みたい、新たなチャレンジをしたい、などは受け入れられると思います。
しかし、40代になって新たな環境を探しているなどと言えば、何か問題があって転職したいのだなと勘繰られるのがオチ…

転職回数は少ないに越した事はないですが、ネガティブな事も前向きに説明できるように、ストーリーを準備しておきましょう。

◆3人に1人は転職にむかない◆問題なのは年収・転職回数・人柄・素行?

◆3人に1人は転職にむかない◆問題なのは希望年収・転職回数・性格?
転職を希望する人は多いですが、3人に1人は向かないらしい… 自分が働く業界の年収相場を理解せず高年収を希望してみたり、転職の回数が4回以上とか、性格的に他の会社で働けない人とか… 管理人は転職回数9回で、性格に問題あるけど、あなたは?

◆外資系リファレンスチェック◆簡単にばれる経歴詐称!前職の上司確認!

◆リファレンスチェック◆簡単にばれる経歴詐称!外資系は前職上司へ
外資系企業は少数精鋭ですので、採用での失敗は許されません。 採用エージェントには、年収の20~30%を支払います。 採用内定を出す前に、徹底的にリファレンス・チェックをします。 私の古巣のSAPジャパンでは外部の専門会社を活用して念入りなバックグラウンド・チェックを行っています。

年代別!転職回数が多い人が転職を成功させるコツとは? ~採用担当者は転職回数をどう見てる?~

記事引用先:doda

転職回数が増えると、「転職回数の多さが採用の選考にも影響してしまうのでは?」 と心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった不安を少しでも解消してもらうため、dodaでは企業の採用担当者にアンケート調査を実施し、転職者の年代別に「転職回数をどのように捉え、採用する際にどんなところを注視しているのか」を聞いてみました。

  • 調査期間:2018年12月
  • 調査実施:パーソルキャリア株式会社
  • 有効回答者数:103人

Q. 転職回数が選考に影響するのは何回目からと考えますか?

40代の場合:

40代の転職希望者に対しては「転職回数は選考に影響しない」が24.3%で最も多く、「3回目から」19.4%、「6回目以上から」17.5%と続きました。

40代は、仕事の経験値やスキルのレベルを重視。勤続年数への価値観が合うかの確認を

30代の場合

30代の転職希望者に対しては「転職回数は選考に影響しない」が20.4%で最も多く、次いで「3回目から」が19.4%、「4回目から」が18.4%でした。

30代は、「仕事の経験」を重視。プライベートを理由にした転職は問題ないとする傾向も

20代の場合

20代の転職希望者に対して「転職回数が選考に影響」するのは、最も多かった回答は「3回目から」で28.2%、次いで「2回目から」の22.3%、「転職回数は選考に影響しない」の18.4%の順になりました。

20代では「勤続年数に比例して得られる経験」が「経験・スキル」の一つと捉えられることも

転職回数が多い人の面接での受け答えのコツ

  • 短期間での経験を無理にプラスに見せなくていい。失敗から学んだことを伝えるのが大事
  • 転職回数が増えた要因を他人や環境のせいにしない。自分の原因を話せるようにしておくこと

あわせて読みたい『天職ナビ』の記事はこちら!

いっそ、海外で働きますか!日本は外国人が働きたくない国ランキング首位!
イギリスの金融大手、香港上海銀行(HSBC)が例年実施している海外駐在員の実態調査を発表した。 日本、評判良くないですね、外国人の方に… いっそ、海外で働いてみますか! 日本は外国人が働きたくない国ランキング首位!
◆海外就職基本情報◆いっそ、海外で働きますか!情報収集して一歩、踏み出そう!
近年、グローバル化の進展に伴い、海外での就職・転職・現地採用が、選択肢の一つに。海外はワークライフバランスが充実し、グローバルな経験が積めて市場価値の向上も。新型コロナの影響もあり駐在員ではなく、現地採用に裁量を持たせる企業が増加中...
この15年で130万人の営業マンが消滅!あなたのAI時代への準備は?
プレジデント・オンラインが興味深い内容の記事『この15年で130万人の営業マンが消滅したワケ』を掲載しています。『そのかわりに「謎の事務職」が急増』と報告しています。 あなたの仕事がAIに奪われていませんか?
退職代行流行の要因は人手不足による売り手市場!給料上がるも合法なのか?
プレジデント・オンラインが『退職代行流行の要因は人手不足による売り手市場』と報じています。一方、限りなく黒に近いグレーのサービスも存在し、活用方法が問われる。 退職代行流行の要因は人手不足による売り手市場!給料上がるも合法なのか?
◆離婚も転職も逃げると癖になる◆採用面接官を説得できる理由はある?
『逃げの転職は癖になる』とキャッチーなタイトルが目に入った。 転職回数9回の管理人には『耳の痛い』記事である。あなたは逃げてませんか? 離婚も転職も逃げると癖になる!あなたに採用者を説得できる理由はあるか?
天職探しに必要なヒントやアドバイスが満載です!

ハイクラス転職に強いエージェント:おすすめ5社

JACリクルートメント

・外資系・グローバル企業、経営・マネージャーに強い

ランスタッド

1960年オランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社。

ビズリーチ

・ヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウト

リクルートエージェント

・非公開求人20万件以上は業界最大級!

doda(デューダ)

・2人体制:キャリアアドバイザー+採用プロジェクト担当