... ...

新サーチコンソールで変更後のFetch as Google(06)WP

この記事は約1分で読めます。

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

2019年3月末、『Fetch as Google』が利用できなくなりました。

今後は、サーチコンソールの『URL検査』で『インデックス登録』が可能となりました。

『Fetch as Google』⇒『URL検査』

『URL検査』をクリック!
『URL入力欄』にURLを記入し、チェック!

『URL検査』で登録を確認

 

『URL』はまだ『インデックス登録』されていないようです!

右下の『インデックス登録リクエスト』をクリック!

 

『インデックス登録をリクエスト』

『インデックス登録』確認中!

『インデックス登録』完了

『インデックス登録リクエスト』が完了!

『何度やっても結果は同じだから、やるなよ(笑)』

英語は必要か?関連記事はこちら!

◆転職するにはTOEICスコアは何点必要なのか?◆英語は必要か?
TOEICを主宰する協会の調査によると企業が中途採用者に求めるスコアは710点。 大手メーカーや商社の採用基準は700点、海外関連部門では800点以上が多い。 海外駐在に求められるスコアは、商社、銀行、メーカーで相違あり。
◆ビジネスレベル以上の英語◆転職に優位に働いた経験が8割以上:実態調査
テレビCMでも有名な人材紹介会社『エン・ジャパン』が『英語力が仕事・転職に及ぼす影響』を調査を実施。英語のレベルが『ビジネス』以上では、仕事に優位は9割以上、転職に優位は8割以上。あなたの英語は仕事や転職に優位に働くか?
◆外資系転職に英語は必要か?◆必須ではないが出世はできない!
外資系企業に入社するためには英語は必要か? 長らく議論される話題です。入社するためには、必須ではありません。 しかし『英語出来ないと外資系企業で出世はできません!』
◆英語は必要か?◆海外駐在・外資系転職・海外転職・現地採用・国内
外資系転職・海外転職に関わらず、英語は必須! 職種や職責によるが、海外の本社や現地の社員とのコミュニケーションに英語が求められるのは必定。 出世するためには、間違いなく必要。 プレゼンテーション能力や交渉力など英語によらず必須のスキルを英語で駆使できるかがキーポイントとなる。

ハイクラス転職に強いエージェント:おすすめ3社

JAC Recruitment:外資系、グローバル、優良企業に強い
ジェイエイシーリクルートメント

・ロンドン発祥の日系転職エージェント
・外資系企業、グローバル企業、優良企業に強い
・経営陣、マネージャー、海外駐在、専門職に強い

ランスタッド:世界最大級の転職エージェント

ランスタッド(randstad)は、1960年オランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社。日本国内では大手人材紹介会社との経営統合により、日本でも業界屈指の規模を誇ります。

・グローバル企業、製造業、医薬・製薬業界、その他全業界に強い
・経営人材から専門職まで広く網羅

ビズリーチ:ハイクラス転職サイト

・ハイクラス人材向け国内最大級の会員制転職サイト
・ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上
・ヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウト
・会員制ならではの非公開求人やポジションも多数

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

応援のお願い:ランキングに参加しています!

一日一回ポチっと❤️涙を流して喜びます❤️

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

ブログで収益化
友達に教えてあげよう!
天職なんてない!

コメント